マイクロキメリズム

用語

妊娠中に胎児と母体の間で行われる細胞交換現象。

九條夕子はマイクロキメリズムを応用し、胎児の芹彦よりCMS細胞を取り込んだとされる。マイクロキメリズムによって吸収されたCMS細胞は変異しており、母体に拒絶反応は見られない。

タイトルとURLをコピーしました